どこでもライオン

This lion is everywhere and nowhere.

東京ヘリコプターツアー

ヘリコプターに乗って東京の上空を飛びました。化粧品で有名なDHCのヘリコプター事業部の行っているヘリコプター遊覧サービスを利用しました。正直、DHCにヘリコプター事業部があるなんて知りませんでした。

もともとDHCは「大学翻訳センター」の頭文字からとられた社名であり、大学の研究室向けの翻訳事業から立ち上がっているとのこと。今も翻訳事業は行っているし、ビールの醸造やアパレル販売など多角的に展開しているようです。

さて、今回のヘリコプター、ロビンソン式R44型という型式のアメリカ製のヘリコプターで、時速180kmで飛びます。新幹線の最高時速が320kmと考えるとそこまで速くはありません。機体は、近くで見ると結構小さいです。

f:id:chappy8:20210201213219j:image

乗り込んでシートベルトとヘッドフォンをして、間もなく離陸しました。離陸の時、ふわっと真上に飛び上がる感覚が不思議でした。遊園地のバイキング的な浮遊感があってちょっと苦手な感じでした。

15分のフライトと短時間ながら広範囲を回りました。信号や道がないと移動がこんなに速いのかと少しびっくりしました。レインボーブリッジや東京タワー、スカイツリーなどを上空から見下ろすことができました。景色は綺麗と言うより、ジオラマみたいでかわいかったです。当たり前かもしれないけど連なっているビル群が絶えることがなくて感心しました。

f:id:chappy8:20210201220818j:image

f:id:chappy8:20210201221038j:imagef:id:chappy8:20210201221058j:image

天気があまり良くなくてパイロットが申し訳なさそうにしていましたが、雲と建物の距離感が見えやすくてよかったです。ミレーの絵にありがちな天気でした。奥の方の雲は黒ずんでいて寂し気でした。

f:id:chappy8:20210201221054j:image

f:id:chappy8:20210201221047j:image

f:id:chappy8:20210201221035j:image

ヘリコプターの中はプロペラの音が響いていて、スピードが速くて機体が小さい為、結構酔いました。15分のフライトだと物足りないかと思っていましたが、十分でした。むしろヘリコプターで長時間移動はかなり疲れると思います。

パイロットは茶髪の女性で、絶えず微笑みを浮かべていましたが、結構無口でした。ずっと「下に見えるのは〜です」みたいに話し続ける感じの人だとちょっと疲れるなぁと思っていたので良かったです。