どこでもライオン

This lion is everywhere and nowhere.

カナダで犬ぞり

カナダのバンフに行った際に犬ぞりをしました。

カナダ人のカップルとそりに同乗しました。大人3人を犬8匹くらいで引きます。ブレーキの方法など適当な説明を受けた後、近くでゴロゴロしていた犬たちを係の人が集め、そりにつなぎました。ぼんやりしていたら、わりと唐突に走り出してびっくりしました。

景色は綺麗だったけど、やはりとても寒くて耳がじんじんしました。スピードは速いものの恐怖を感じる程ではなく、固い雪の上をすべる感覚が気持ちよかったです。

犬たちは走り終わった後またゴロゴロしつつ、係の人に少し甘えていました。係の人もとても犬たちをかわいがっていました。一匹一匹名前を呼んで頭や体を撫でます。

犬たちは丈夫そうで、従順でかわいい顔をしていました。野性味は少なめ。

知っている犬ぞり作品と言えば、アニメ『スヌーピーのこわい夢』とジャック・ロンドンの小説『野生の呼び声』ですが、双方犬ぞりに参加している犬はかなりワイルドです。今回は、観光用の犬ぞりだから、業務用犬ぞりより世界が優しめなのかもしれないですが、少しイメージが変わりました。

犬ぞり後は、冷え切ったので焚き火で暖をとりました。赤ちゃんの顔くらいの大きさのしけったチョコチップクッキーとココアをもらい、「甘いなぁ」と思いながら食べました。

INFORMATION

カナダの犬ぞりツアー例 ☞ 

犬ぞり | カナダ観光・オプショナルツアー予約専門 VELTRA