どこでもライオン

This lion is everywhere and nowhere.

カカオ豆からのチョコレート作り

チョコレートが好きな人は一度カカオ豆から作ってみることをおすすめします。二度と作りたくなくなる&チョコレートにより一層ありがたみを感じるはずです。

チョコレート作りの工程はシンプルです。

【チョコレート作りの工程】
カカオ豆をオーブンで30分、120度で焙煎→皮を剥く→粉砕→スキムミルクと粉糖、ココアバターを入れて混ぜる

カカオ豆はAmazonで買うことが出来ました。

オーブンで30分、120度で焙煎しました。焙煎前はすっぱい匂いがしていましたが、焙煎したらチョコレートのいい匂いがしてきました。焙煎すると皮が剥けやすくなります。栗を剥くように親指の爪を殻に食い込ませて皮を剥きます。爪が痛いです。焙煎がうまくできていないからなのかあまりパカっと割れず無理やり中身と殻を分離している感覚です。中からは、黒っぽい実が出てきます。爪に尖った殻が入り込んできます。苦行…。

▶︎剥く前
f:id:chappy8:20210104124753j:image

▶︎剥いた後
f:id:chappy8:20210104124734j:image

剥いたらミキサーにかけます。これは結構気持ちよく粉々になります。

f:id:chappy8:20210104124747j:image

スキムミルクと粉糖を入れて混ぜます。

f:id:chappy8:20210104124744j:image

バターも入れて混ぜます。本当はココアバターを入れるべきですが、売ってなかったので仕方なく有塩バターを入れてみました。有塩なことにより、ロイズのポテトチップスチョコレートみたいに甘辛いチョコができないか期待。

f:id:chappy8:20210104124750j:image

しつこく混ぜてすりつぶしたが、ザリザリしています。本当は『チャーリーとチョコレート工場』に出てくるチョコレートの川のようになってほしいのですが。市販のチョコレートは一度とろとろチョコレートにしてから型にはめているはずなので、この時点で少し失敗しています。

▶こじらせ工場長のチョコレート工場映画

冷蔵庫で3時間ほど冷やして完成です。冷やしても相変わらずザリザリしているのと、有塩バターを使ったから塩気が強いです。塩気が強くなければ結構おいしいかも。でも一応完成。生クリームをかけて食べたがやはりイマイチです。カレーに入れたりコーヒーに入れたりして活用しようと思います。ホットミルクに入れてみたら結構おいしかったです。