考えるライオン

日々のことを考えつつ、ゆるく楽しみます。

コピ・ルアクとジャコウネコ

「コピ・ルアク」という高級コーヒーがあります。ジャコウネコのフンからとれるコーヒーです。アマゾンで見ると100グラムで4000円くらいなので、かなり高いです。

スターバックスのハウスブレンドが250グラムで1300円くらいなので、約8倍の値段。

東京でコピ・ルアクを出すお店は相当限られているし、スターバックスの8倍の価格のものを取り寄せる情熱はないけど、バリ島でコピ・ルアクの農園があったので行ってみました。(※コロナ直前)。

農園の名前は、「バリ・プリナ」。ライステラスという絶景ポイントがあり、ハート型の木の椅子や巨大空中ブランコなど、いわゆる「映えスポット」も完備している農園です。ライステラスは綺麗だと思うけど皆が喜んで写真を撮る理由はよくわかりませんでした。緑が青々としていて見ていて元気になる感じはありました。

f:id:chappy8:20210109205717j:image

ジャコウネコは比較的農園の入り口付近にいました。サイズ的にも毛深いカワウソという感じです。猫らしさはありません。調べたら、ジャコウネコはジャコウネコ科であってネコ科ではないらしいです。かわいかったです。

f:id:chappy8:20210109205655j:image  f:id:chappy8:20210109205710j:image

コーヒー豆の展示があり、製造過程の実演がありました。焙煎をしている人が、「やってみる?」と聞き、その辺にいた人たちが全員断っていたのですが、やってみました。焙煎している豆をかき混ぜます。予想通り軽い感触でした。からからと乾いた音が気持ち良いです。

f:id:chappy8:20210109205702j:image

f:id:chappy8:20210109205659j:image

さて、いよいよ、実飲。コピ・ルアクを頼んだら、たくさんのコーヒーと紅茶の試飲がついてきました。コーヒー農場の入場料に入っていたようです。生姜紅茶やターメリック紅茶やチョココーヒーなどがありましたが、砂糖が入っているみたいで甘かったです。根っこのコーヒー(※誤訳?)みたいなのがあってそのまま土のような味がしました。コピ・ルアクは酸味があって香り高くおいしかったです。

f:id:chappy8:20210109205652j:image

味の評価だけで言えば、コピ・ルアクがスターバックスの8倍おいしいということはないと思います。おいしいことは確かだけど、世界にはおいしいコーヒーはたくさんあるし、ダントツにおいしいとは言えません。コピ・ルアクに味の似ている代替コーヒーも挙げることができます。  

「そんなこと言ったらジャコウネコに失礼じゃないか」と言われそうだけど、むしろコピ・ルアクが安々と手に入ってしまったらジャコウネコ自体酷使されてしまいきついのではないかと思います。

コピ・ルアクは、ジャコウネコがコーヒーチェリーを食べる→未消化のコーヒー豆を糞から採取、という工程で作られるので、たくさんコーヒーを作りたい場合、ジャコウネコにたくさんコーヒーチェリーを食べさせないといけません。ジャコウネコは、本来的にはネズミ、虫、果実などを食べるようなので、コーヒーチェリーばかり食べさせられるのは嫌じゃないかなと思います。(犬によっては毎食ペディグリーチャムでも幸せそうなように、コーヒーチェリー比率が高くてもジャコウネコが問題ないならいいけど)。また飼育ジャコウネコ数も増えるから、1匹あたりの飼育面積も狭くなると思います。

ジャコウネコの気持ちは分からないけど、個人的には価格は高いままでいいと思います。ジャコウネコにはなるべく幸せに暮らしてほしいな。

INFORMATION